2/21/2017

開幕一週間前。 #cerezo #photo #diary


開幕まで一週間となった一昨日の日曜日、俺は舞洲で「撮影のリハビリ」をしていた。


サッカーの撮影というのは、目の前から何十メートル先まで、ありとあらゆる場所にいる、猛スピードで疾駆する選手たちを撮る大変難儀な作業だ。


もう二ヶ月も撮影から遠ざかっているので、選手をうまく捉えられなかったりピントが甘かったりでかなり苦戦した。

逆に言うと、セレッソの選手たちはそれぞれ力一杯、よくよく走り回っていた。サブ組と仁川ユナイテッドとの試合では秋山大地、山村和也、清原翔平、リカルド・サントスといったあたりがよく動けていた。山村などは不慣れな2トップの一角であったけれど、高さとキープ力を活かしたプレーで持ち味を出していた。


昨日のニュースでは清武弘嗣が開幕微妙との事だが、二列目のタレントはそれなりにいる。清原もそうだし、関口訓充、水沼宏太と実績のある方選手が揃っている。そこまでは心配していない。

あえて心配事を粗探しするなら、若手と主力があまりに離れすぎている事くらいか。力にしてもそうだし、メンタルでの繋がりも弱いような気がする。あくまで「気がする」なんだけどね。


予想オーダーだけれど、GKキム・ジンヒョン、DF右から松田陸、ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介、MF右から関口訓充、山口蛍、ソウザ、水沼、FW柿谷曜一朗と杉本健勇というところだろうか。

是非注視したいのは守備組織だ。ジンヒョンは「去年は個々に守っていたけど、今年は組織で守れている」と語っていたそうだが、それがどこまで仕上がっているか。

組織力なんてものはキャンプと練習試合だけでスッと浸透するものではない。少しずつ錬磨して、鍛え上げて、同じ監督の指導のもと長い時間をかけて構築するものだ。開幕戦で完璧な組織ができているとは思えないけど、今は完成まで何合目なのかを確認してみたい。


そう、あと少しで開幕なんだ。今週末にはヤンマースタジアム長居に何万というサポーターが集まる、はず。サッカーのある週末、セレッソに一喜一憂する毎日がまた始まるのだ。しかも、トップカテゴリーで。なんと幸せな事なんだろう。サポーターでなければ味わえない、快楽と苦痛がネットリと絡み合う日々よ、今年は楽しませておくれよ。

2/02/2017

清武、おかえり。と、サポーターズコンペンション #cerezo #photo #diary

練習メニューを見て顔が引きつる柿谷曜一朗。舞洲ではタフな3部練習が続いていた。

久しぶりの更新になる。舞洲には二度行って、サッカーの、セレッソの空気みたいなのを吸いに行った。昨季の写真を見返したり整理したり、オフシーズンではないとできないこともたくさんやっておいた。ああ、埼玉への飛行機の予約とかもね。

その間、セレッソには大きな動きがあった。清武弘嗣の復帰がそれだ。

清武復帰の私感



個人的な感覚なのだけど、清武は「大分の子」だと思っていた。育成からプロデビューまで、彼の根本にある技術や精神的なベースを作ったのは大分だから。

その清武が、帰ってくるのであればセレッソしかないと断じたことは、少なからずの戸惑いと、大きな喜びがあった。言い方は悪いけれど、付き合ってる時はさんざ元カレの話ばかりしていた女の子が、別れてからしばらくしてまた帰ってきてくれたような、ね。

移籍金は500万ユーロ、約6億円だそうだ。編成が終わった後で「ついで」に出せるお金ではない。セレッソを巣立った選手たちの動向をキチンとチェックしていなければ、こんな電撃的な復帰はありえない(ひょっとしたら、多額のヤンマーマネーを引っ張り出してきたのかもしれないけど)これは強化部を褒めるしかない。阿呆な事をしていないか、念のため、今日行われるサポーターズコンペンションでも確認しておくよ。


ディエゴ・フォルランの時はチームにマッチするか大きな不安があったが、清武は違う。既にセレッソでのプレー経験があるし、チームのスタイルに合わせる小器用さも兼ね備えている。柿谷曜一朗に、杉本健勇に、リカルド・サントスに澤上竜二に、水沼宏太や清原翔平にも、よく絡みいいパスを出してくれるだろう。自身のゴールにも期待したい。

今年のチーム編成について



これで攻撃陣は目処がたった、後は守備陣だ。スペシャルな選手の補強はKリーグでベストイレブンになったヨニッチくらいで、後は昨季のメンバーがベースになる。ここは、ユン監督の手腕に期待しようか。

去年は個々人が個々人で守備をしていた。コーチングなんてものはなく、リーダーシップなんて誰もとれず、現場の判断で「最善」をチョイスするなんて事をしていた。

昇格に「安堵」した。

今年はそこに組織で守る意思を植え付け、その考えについていく体作りがなされている。ただし、こんなもの一朝一夕にできるものではないから、リーグ戦序盤は苦戦するだろう。中村俊輔という飛び道具を持っている磐田、すっかり自分のスタイルが確立されている浦和とこの時期に当たるのは正直かなりツライものがある。

なので、今季の目標が一桁順位というのはいい線いってるなというのが個人的な感想。来年、再来年はもっと上を目指さなきゃいけない。けれど今季に関しては、そんなところに落ち着けたら御の字だ。加えて、ホームでのダービーに勝ってくれたら文句はない。

クラブのふところは大丈夫?


それよりも、クラブの財政の方がはるかに心配だ。フォルランが来た時はクラブ史上最高の観客動員があったが、単年度では赤字になってしまった。清武を6億円で戻してきたクラブが、どれほどの経営をして、どれほどの利益を生むのか。その結果が悪ければ、2014年と同じことになってしまう。それだけはなんとしても避けなきゃいけない。15位で黒字の方が、一桁順位で赤字よりも救いがある。これも、サポコンで聞いておこう。

長居公園には早咲きの桜があった。開幕まで、あと1ヶ月。

1/13/2017

セレッソ大阪の2017年が始まった。 #cerezo #diary #photo


東北や北陸、北海道、寒さが厳しい地方の人に「生ぬるい」と言われそうだが、2017年1月12日の大阪は凍てつくような寒さだった。

気温が低かったのも大きいが、風も大概キツかった。舞洲は海にほど近く、朝方は冷たい西からの風がやってくる。それに当たらないように身を縮こまらせて、今年のセレッソが始まる様を見ていた。


とはいえ、殆どのメンバーは去年と変わらない。スタメンに名を連ねるような大型移籍は新外国人のヨニッチ、それに水沼宏太と福満隆貴くらい。若手の選手はU-23からのスタートになるだろう。


新監督であるユン・ジョンファンは、現役の頃から知っている。韓国人プレーヤーらしくない、スキルフルで正確な組み立てが持ち味、天才肌のパサーだった。

だが、サガン鳥栖やセレッソでの、指導者としての彼のアクションは実に韓国らしい。まず確かなフィジカルがベースにあり、その上にテクニックを加味していく、そういうやり方をチョイスしている。


始動日は前午後の二部練だそうだが、今日からは6:50、9:40、15:00の三部練がタイキャンプに入るまで連日続けられる。もし、今日と大差ないメニューであるなら、セレッソの選手は開幕までに相当の距離を、相当の強度で走りこむことになるだろう。


それでも、選手の顔には笑顔があった。プロとして、国内トップのディビジョンで戦うことは大きな喜びなんだろう。

もし去年昇格に失敗していれば、陣容もかなり変わっていたはずだ。恐らく、悪い方向に。そう思うと、この様子が天国に近いのか、地獄に近いのかよく分からなくなってくる。選手にとっては地獄でも、サポーターにとっては天国なのか……。


当面は個々のフィジカル調整になるはず。チームの連携などはまだまだ先だ。それでも、サッカーの無い週末よりずっとマシ。俺のような酔狂なサポーターにとってはね。

後は、よく撮れたかなという写真を少しだけ。それでは。