6/21/2017

2017明治安田生命J1リーグ 第15節 C大阪 1vs1 清水 #cerezo #photo #diary


俺は、小林伸二監督のことを「日本サッカー界のホー・チ・ミン」と呼んでいる。サッカーに情熱を傾け、限られた手駒の中で最善を尽くして、現実と自らの理想との距離を1ミリでも近づけようとする「執念」。それは、大国アメリカを敵に回しながら、徹底抗戦でそれを跳ね返し、権力を手にすることより、自らの理想を具現化することにその身を捧げた偉大なる「ホーおじさん」の姿と重なる。

巨大戦力と優秀な指揮官を得たセレッソも、「ホーおじさん」から奇襲を喰らい、危うく星を落とすところだった。

6/14/2017

2017明治安田生命J1リーグ 第14節 C大阪 4vs0 新潟 #cerezo #photo #diary


去年の今頃は、J2で、自動昇格圏か、それともプレーオフかともがき苦しんでたよな。それが今年、J1で首位争いをしている。後半勝負なんて苦手だったのに、今じゃ時間が経つほど強くなる。夢を見ているような、不思議な感覚だった。

後半40分過ぎに、守備のために長距離スプリントをしている山村和也を撮ったときには仰天した。もうバテバテなはずなのに、笑ってたんだ。

5/29/2017

2017明治安田生命J1リーグ 第13節 神戸 1vs2 C大阪 #cerezo #photo #diary


初物尽くしの試合、だった。セレッソが先制されながら追いつかれたのも多分今季初だし(追記、すまない、札幌も甲府もだ。甲府なんざ自分で見に行ったのに・・・追いつかれて突き放した、ね)、柿谷曜一朗、杉本健勇、清武弘嗣といった主力を交代させたのも記憶にない。しかも、柿谷の場合は疲労をケアしたものではなく、勝つための、戦術的な交代だ。後は……細かいことだけれど、ユン・セレッソがリードしてから「定番」となった5バックを敷かなかったのも、珍しい。